AGA(薄毛)

AGA

成人男性によくみられる髪の毛が薄くなっていく症状を、「AGA」と呼びます。日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれており、多くの男性が発症している症状です。
30代に発症することが多く、抜け毛や薄毛が目立ってくると発症を疑った方がいいでしょう。
AGAは発症の初期段階に早めの対処・治療を行うことで、治すことができます。しかし、自分の抜け毛や薄毛の原因がAGAだということに気づけないと、症状がどんどんと進行してしまいます。
また、抜け毛や薄毛の原因は年齡や遺伝のせいだろうと決めつけて、深く原因や特徴を知ろうとしないことも多いようです。
まずは、AGAの特徴と原因を知って抜け毛や薄毛から自分の髪の毛を守りましょう。

AGAの原因

AGAの主な原因となっているのが、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれている男性ホルモンです。
このDHTは、血液中で「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンと「5αリアクターゼ」という酵素が結びつくことによって生まれます。
血液中で増加したDHTは、毛母細胞を攻撃、髪の毛の成長を阻害してAGAを発症させてしまうのです。一度生まれたDHTはどんどん増えていくので、育毛剤を使用するなど、何かしら対策を取らない限り抜け毛や薄毛の範囲が広がっていきます。
AGAの発症原因は、DHTが一番大きいと考えられていますが、その他にも遺伝的要素や不摂生、生活習慣の乱れなどがAGAの原因と考えられています。
AGAの原因 詳しくはコチラ

AGAの特徴

AGAには、いくつかの特徴があります。特徴を知ることで、AGAが発症していないかどうかを確認することができるので、発症の可能性が高まる30代以降の男性は確認しておきましょう。
AGAの特徴として代表的なのが、徐々に進行するということです。
AGAは、ゆっくりと時間をかけて進行し、薄毛や抜け毛の範囲を広げていきます。進行スピードは人によって差がありますが、適切な治療を行わない限り止まることはありません。
また、この進行の仕方にも特徴があります。大きく分けて、「額の生え際から後退していく」「頭頂部から広がっていく」「額の生え際と頭頂部の薄毛、抜け毛が同時に進行していく」という3つのパターンがあり、頭頂部や生え際の抜け毛や薄毛が気になりだしたら、まず間違いなくAGAが発症していると考えてよいでしょう。
また、AGAが発症すると毛母細胞が上手く機能せず、髪の毛に栄養が行き渡らなくなるので、徐々にコシやツヤが失われていきます。
微妙に変化する髪の毛の状態を確認することで、薄毛や抜け毛が始まる前に、育毛剤や育毛シャンプーなどを使って対応することができます。
薄毛や抜け毛が気になりだしたら、専門のクリニックに相談するか、育毛剤などを使って毎日のケアを行いましょう。
AGAの特徴 詳しくはコチラ

進行するAGAと進行パターン

人間の髪の毛には、髪の毛の成長サイクルがあり、古い毛が抜けて新しい髪の毛が生えてくるというサイクルをグルグルと繰り返しています。その影響で、1日に50本から100本の髪の毛が抜け、また新たな髪の毛が生まれるのです。
正常なヘアサイクルは、2年~6年と言われていますが、ヘアサイクルが早まるとAGAが進行しているといえます。
AGAの進行スピードはまちまちで、基本的にはゆっくりと範囲を広げながら進んでいきます。
進行パターンにはいくつかの種類があるので、どのようにしてAGAが進行していくのか、ご紹介させていただきます。

額の生え際から進行する(A型・U型)

A型と呼ばれている進行パターンは、額の生え際から後ろに向かって抜け毛や薄毛が進行していきます。
最終的には側頭部と後頭部の髪だけが残るので、その形からU型とも呼ばれています。
東洋人に多く見られる進行パターンで、日本人でもこの進行パターンの方が多いです。

こめかみから頭頂部に進行する(M型)

M型は、額の左右の切り込みから頭頂部に向けてAGAが進行していき、M字型に抜け毛・薄毛が進んでいくパターンです。
最終的には、A型・U型と同じく側頭部と後頭部を残して髪の毛がなくなります。
白人に多い進行パターンで、額中央部の髪の毛は残るため、初期段階ではなかなか気がつくことはできません。

頭頂部から進行する(O型)

O型は、頭頂部から円形に薄毛や抜け毛が進行していきます。
自分では確認できない部分なので、初期段階でAGAに気がつくのは難しいかもしれません。
日本人に多い進行パターンといわれているので、頭頂部の毛髪の状態には注意しておきましょう。
M型、A型・U型と同時に進行することもあります。
AGAの進行パターン 詳しくはコチラ