原因|AGA

AGAの原因

AGAは日本語に訳すと「男性型脱毛症」といい、多くの成人男性が悩んでいる薄毛の症状のことを指します。そのAGAは、どのようなことが原因で発症するのでしょうか。ここでは、AGAの原因について解説していきます。

遺伝が原因で起こる

AGAの原因としてよく知られているのは、遺伝や男性ホルモンの影響などです。遺伝に関しては、ドイツ・ボン大学のある研究チームが「AGAとの関連性が極めて高い遺伝子」を発見したとしてアメリカの専門誌に発表し、話題になりました。

研究チームが行った調査では、40歳前後でAGAの症状が現れた男性のいる家系にフォーカスを当て、その家系の血液を調査・分析しました。その調査結果から、早い段階からAGAになった人は、X染色体にある男性ホルモン「アンドロゲン」の遺伝子に変異が見られるということが判明しました。男性はX染色体とY染色体を持っていますが、そのうちX染色体は母親から受け継ぎます。そのため、母方の祖父にAGAの症状が出ていれば、それだけAGAになる可能性は高まることになります。以上のことから、AGAは遺伝子の変異によってアンドロゲンの働きが活発になり、引き起こされるのではないかという見解があります。

男性ホルモンが影響で起こる

AGAを引き起こす原因物質に、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるものがあります。このDHTは、AGAにより脱毛した頭皮の部分で多量に確認されており、「5αリダクターゼ」によって作られる男性ホルモンの一種です。作られたDHTは、毛乳頭細胞に存在する「男性ホルモン受容体」と結合することで、髪の毛の成長や発毛のサイクルを乱し、AGAを引き起こすと考えられています。

そうなると、本来太く強く成長するはずである髪の毛の成長期が強制的に終了してしまい、細く短い髪の毛が全体を占めるようになります。結果、髪の毛が薄くなり、AGAの症状が出てしまうのです。

普段の生活が原因で起こる

遺伝や男性ホルモンだけでなく、生活習慣もAGAに深く関わってくる要素です。体の状態が悪いと、頭皮にまでその影響は及びます。AGAを引き起こしやすくなる生活習慣は、主に「不規則な食生活」や「喫煙」、「限度をこえた飲酒」、「運動不足」などがあげられます。

不規則な食生活においては、一度普段の食生活を見直すように心がけましょう。脂質や塩分の多い食事はしていないか、逆に脂質やタンパク質を抑えすぎていないかなど、バランスのいいレシピを意識することが大切です。育毛にはビタミン類や亜鉛を意識して摂ることも重要なので、普段の食事に取り入れるようにしましょう。
しかし、ビタミン類や亜鉛などの栄養素をバランス良く摂取している方でも、過度な飲酒をしていれば頭皮の栄養が不足している場合があります。頭皮は、身体の中でも最後のほうに栄養が届きます。また、過度な飲酒をすれば、アルコールを分解するために亜鉛やミネラルを消費します。栄養をバランス良く摂取していても、アルコールの分解に栄養素が必要になれば、頭皮の栄養が不足してしまう場合があります。

さらに、喫煙者も注意が必要です。喫煙は全身の血管を収縮させる原因になります。これにより頭皮の血行が悪くなり、せっかく摂った栄養も十分に行き届かなくなるので、喫煙量を少しずつ見直してみることが大切です。

運動不足は、全身の血流が低下する原因になります。特に同じ体勢のまま仕事をする、という方は、仕事の合間に簡単なストレッチをするなどして工夫し、血流を滞らせないようにしましょう。また、髪の毛は夜の22時から深夜2時にかけて分泌される成長ホルモンによって成長します。このホルモンバランスは眠っているときにしか分泌されないため、夜更かしをすると成長ホルモンが正常に分泌されず、髪の毛の成長が止まってしまう恐れがあります。成長ホルモンを正常に分泌させるためには、最低でも6時間程度の睡眠時間を確保するよう心がけることが大切です。

今回紹介したように、AGAと一言でいっても様々な原因が考えられます。AGAを改善するためには、自身のAGAの原因をきちんと見極めることが大切です。