チェック方法|AGA | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

チェック方法|AGA

AGAのチェック方法

AGAとは男性型脱毛症のことで、生活習慣などの乱れによって引き起こされることがあるといわれています。現在、抜け毛のある方や薄毛の方は、AGAを発症している可能性があります。
そこで、自分がAGAなのか、セルフチェックで確かめてみましょう。
セルフチェックは、いくつかの質問に答えるだけで確認することができます。

家族の中に薄毛の人がいる

AGAの原因として、遺伝は大きく関係していると考えられています。そのため、両親や兄弟、親戚などに薄毛の方がいる場合は、自身も薄毛になる可能性が高いです。特に、母方の家系に薄毛の方がいると、遺伝子の関係上AGAの可能性はより高くなるといわれています。

抜け毛が増えて生え際や頭頂部が薄くなってきた

洗髪時やブラッシング時に、生え際や頭頂部の抜け毛が増え、髪の毛が薄くなってきたと感じたらAGAの可能性があります。なぜならAGAは、生え際や頭頂部が薄くなるという特徴があるからです。

毛が細く短い

自身の髪の毛、もしくは抜け落ちた毛をチェックしてみて、細く短い毛が多いと感じたらAGAを疑ったほうがよいでしょう。
その理由は、ヘアサイクルと関係しています。髪の毛は、ヘアサイクルに従って日々成長を続けています。しかし、これが正常でなくなれば、髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまうようになります。そのため、必然的に細く短い髪の毛が多くなります。

頭皮にかゆみがある

頭皮がかゆいと感じた場合、シャンプーなどが髪に合っていない可能性があります。皮脂が多いのはよくありませんが、少なすぎると乾燥してしまいます。頭皮の乾燥は、髪の毛が抜けやすい環境を作ってしまうこともあるからです。つまり、頭皮のかゆみが乾燥からきているものならば、AGAを発症しやすい頭皮環境が出来上がっている可能性があるということになります。

野菜をあまり食べていない

野菜には、ミネラルが豊富に含まれています。そして、健康な髪の毛を育てるためには、ミネラルを積極的に摂取する必要があります。そのためコンビニ弁当や外食が多く、野菜をあまり摂取していない人は、ミネラル不足で健康な髪の毛を育てられていない可能性があります。これがAGAに繋がることもあるので、注意が必要です。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まると自律神経が乱れ、血管を収縮させてしまいます。その結果、血行が悪くなるため頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなります。そうなれば、髪の毛は成長することができず、いずれAGA発症を招いてしまいます。

タバコを吸う

喫煙をすることで、ニコチンなどの影響から血管が収縮してしまいます。それにより、頭皮に栄養が行き渡らなくなり、抜け毛などのトラブルが発生してしまう恐れがあります。

お酒を頻繁に飲む

お酒を飲むと、肝臓がアルコールを分解するため、体内のアミノ酸やビタミンを消費します。アミノ酸やビタミンは髪の毛を育てるためにも必要な成分なので、アルコール分解のためにアミノ酸やビタミンを消費すると、髪の毛まで栄養が行き渡らなくなってしまいます。つまり、お酒を飲む機会が多い方は、髪の毛の成長に必要な栄養が不足し、AGAを発症する可能性が高くなります。

睡眠不足

髪の毛を成長させるために必要なホルモンは、睡眠中に分泌されます。そのため、睡眠不足は髪の成長を妨げる原因になってしまうのです。

体毛が濃い

体毛の濃さには、男性ホルモンが関係しています。対して、髪の毛はというと女性ホルモンが大きく関係しています。そして、男性ホルモンが多いと髪の毛の成長は遅くなり、女性ホルモンが多いと体毛の成長が遅くなります。したがって、体毛の濃い方は男性ホルモンが多いと考えられるため、結果としてAGAを発症しやすい体質ということが分かります。

必ずしもAGAではない

上記で当てはまるものがあったからといって、必ずしもAGAというわけではありません。さらに、全て当てはまったとしても、AGAでないことがあります。

ただ、薄毛は遺伝が大きく関係しており、それについては2005年にドイツの研究者達が実験も行っているため、信ぴょう性は高いといえます。しかし、母親もしくは父親の家系に薄毛の方がいるからといって、必ずしもAGAになるとは限りません。確かに遺伝の可能性はありますが、「AGAが遺伝する」というよりは「AGAになりうる体質が遺伝する」と考えられています。

AGAかもしれないと不安に思う方は、一度AGAの治療を行う病院へ行くことをおすすめします。専門医に診てもらうことによって、自身に適したAGA治療を提案してもらえます。なお、AGAは放っておくと症状が悪化する一方なので、早めの治療を心がけましょう。