効果|AGA

AGAの効果

AGAの治療効果は、治療法によって微妙に変わってくるのが特徴です。そのため、男性ホルモンの分泌を抑制したり、毛母細胞を刺激したりと、自身のAGAの状態によって適切な効果のある治療法を選ぶことが大事です。

薬物治療の場合

AGAの治療法には、薬を用いて治療するという方法があります。その際使用されるのは主に「プロペシア」や「ミノキシジル」と呼ばれる薬です。

プロペシア

プロペシアは、AGAの原因である男性ホルモン「DHT」を生成する「5αリダクターゼ酵素」の働きを抑える薬です。本来は前立腺がんや前立腺肥大症の治療薬として用いられていた薬で、プロペシアを服用した患者達が異常発毛の副作用を訴えたことから育毛の薬としても使用されるようになりました。AGAの原因の多くはDHTが原因であるといわれているため、プロペシアはAGAの治療薬としてもかなりポピュラーなものです。

ミノキシジル

ミノキシジルは元々血管拡張剤として、または高血圧の経口薬として用いられていました。しかし、後に毛母細胞に直接働きかけるという作用があることも判明し、育毛の薬として重宝されるようになりました。このミノキシジルは、新しい髪の毛を生み出す毛母細胞に直接作用します。そのため、休止期(ヘアサイクルの中で毛母細胞の活動が止まっている状態)に入ってしまった髪の毛を再び成長させたり、新しい髪の毛を生やしたりする効果があります。また、ミノキシジルはAGAだけでなく、円形脱毛症をはじめとするそのほかの薄毛にも効果が見込めます。

エレクトロポレーション治療の場合

AGAの治療は、育毛クリニックや美容クリニックなどで行うケースもあります。最近では、有名美容外科がAGA治療のプログラムを用意していることも珍しくありません。そんな育毛クリニックや美容クリニックでAGAの治療を行うと、自身の症状に合った治療プログラムを選ぶことができるので、より効率的にAGAを解消することが可能です。

美容クリニックが用意している治療法の例を挙げると、「エレクトロポレーション(電気穿孔法)」というものがあります。エレクトロポレーションとは、簡単にいうと針やメスを使わない技術や美容法のこと。多くの場合は、美肌の奥まで有効成分を浸透させるために用いられますが、この理屈をAGA治療に応用して行われます。この治療法を行うことで、頭皮の奥にまで発毛成分をしっかりと浸透させることができます。

育毛メソセラピー治療の場合

また、育毛メソセラピーと呼ばれる治療法を展開している育毛クリニックや美容クリニックも増えてきています。これは注射器やレーザー、特殊な超音波などを使って頭皮に直接有効成分を浸透させる治療法で、短期間で発毛を希望する方や、確実な発毛効果を希望する方に適しています。それに加え、無痛というのも大きなポイントです。

その際に注入される成分は、大きく3つに分けることができます。それは、「発毛を促進する成長因子」、「髪の毛を太く強くする発毛治療薬」、「栄養の循環を促進する血流の改善薬」の3つです。
育毛メソセラピーによって得られる効果としては様々なものが挙げられます。
例えば、毛根直下にミノキシジルやプロペシアなどの有効成分を直接注入すれば、ダイレクトな発毛効果が期待できます。また、発毛治療薬などを投入すれば男性ホルモンの過剰分泌を抑えることができ、その影響から髪の毛を保護する効果も期待できます。なお、この発毛治療薬は前述したように、細くなった髪の毛を太くする効果と、弱った髪の毛を補強する効果も見込めます。そして血流改善の薬は、頭皮に必要な栄養がきちんと行き届くように血行を正常にする働きがあります。

このように、育毛メソセラピーの強みは、様々な面からAGAにアプローチすることが可能だという点です。薬による治療のみだと微妙な偏りができてしまうことがあり、さらに副作用のリスクもあります。しかし、育毛メソセラピーはそういったリスクがないので、新しいAGA治療の方法として注目されています。

AGAの治療法には様々な手段があります。それぞれ費用も違えば効果も違うので、治療の際は自身の独断で決めず、医師の指示にしたがって治療に臨むことが大事です。