白髪と薄毛の関係 | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

白髪と薄毛の関係

言い伝えは間違い

昔から、このような言い伝えがあります。 「白髪の人は髪が薄くならない。」 「薄毛の人は髪が白髪にならない。」 しかし、これは大きな間違いです。 世の中には、白髪と薄毛の両方に悩んでいる人が大勢います。 よって、「俺は白髪だから薄毛にならない」と安心している人は注意が必要ですし、「俺は白髪が生えていないから薄毛になる」と怯えている方も必ず薄毛になるというわけではありません。

たしかに、薄毛と白髪には深い関係はありません。 しかし、頭皮が正常サイクルできなくなって生じる症状という点では同じです。 白髪が生えても薄毛が起こっても、あなたの頭皮には何らかの異変が起きている点に違いはありません。

白髪のメカニズムとは?

ご存知でしたか?もともと私たちの毛髪には、色がついていません。 誰でも本来の毛髪の色は白色なのです。 毛髪は、成長しながらメラニン色素によって色を付けていきます。 日本人の毛髪に黒色が多いのは、日本人がユーメラニンという黒いメラニン色素を多く持った人種だからです。 しかし、このユーメラニンは加齢とともに減少していきます。 その結果、髪の毛の成長段階において毛髪に色をつけることができなくなり、白髪が生えてしまうのです。 ユーメラニンが加齢で減少してしまう理由としては、年々増えていくストレスや体内酵素の働きの衰えなどが挙げられます。

若く健康な人の身体では、アミノ酸の一種であるチロシンが酸化することによってメラニン色素が作りだされます。しかし、老化やストレスによってアミノ酸量が減少すると、チロシンは酸化できなくなります。 その結果、メラニン色素が作りだされず、白髪が起こってしまうというわけです。

白髪の改善にも、薄毛の改善にも、健康的な生活が重要

直接的な関係のない白髪と薄毛ですが、加齢や健康が関係して生じてしまうという点は同じです。 よって、白髪・薄毛を改善するには、ストレスのない健康的な生活習慣を送ることが重要といえます。 白髪を改善するためには食事や運動でアミノ酸量を増やし、メラニン色素を作りだすチロシンの酸化を促進させましょう。 薄毛を改善するには男性ホルモンのバランスを整えることがまず重要です。不摂生な生活はやめ、毛根や毛髪に十分な栄養素が届くよう、野菜・肉・乳製品・海藻類などの食品をバランスよく摂取しましょう。 また、理想の食生活を実現するだけでなく、育毛剤などを活用することで髪の健康を一層実現することも可能です。 健康的な生活は、身体の調子を整えるだけでなく、頭皮にも良い効果を与えます。 生活習慣を見直すことで、白髪や薄毛を防ぎましょう。