治療 ・ 対策 | AGA | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

治療 ・ 対策 | AGA

AGAの治療法

薬による治療をはじめ、AGAの治療法も最近になってようやく確立されてきました。これにより、育毛クリニックのように、AGAを医療的な視点から改善する医療機関も増えてきています。そこでまずは医療機関に相談し、薬の処方や医師からの育毛指導などを受けることが大切です。
ここでは、専門クリニックでの治療や、市販の育毛剤、内服薬によく使用されている「プロペシア」と「ミノキシジル」という成分について詳しくご紹介します。

プロペシアとは

AGA治療薬の中でも、最もよく耳にする薬は「プロペシア」ではないでしょうか。このプロペシアは米国で開発され、世界でもすでに60ヶ国以上の国で承認・処方されており、日本でも多くの育毛クリニックが取り扱っています。プロペシアは、個人で海外から輸入することができますが、海外の業者には信用度の低い会社もあり、偽物を扱っている場合もあります。安全に使用したいのであれば、医師による処方を受けることをおすすめします。そんなプロペシアは、「フィナステリド」とも呼ばれています。

プロペシアの主な効能は、AGAを引き起こす原因物質であるDHTの生成を抑えることです。このDHTは、5αリダクターゼによってテストステロンという男性ホルモンが変異することで生成されます。そして、生成されたDHTが毛乳頭にある男性ホルモン受容体と結合することで、AGAの症状が現れると考えられています。プロペシアはこうした事態を防ぐため、DHTの生成に必要な物質である5αリダクターゼの働きを妨害し、DHTが生成されるのを抑える作用があります。その結果として、DHTの影響で成長期が止まった髪の毛が再び成長したり、細く弱くなった髪の毛にコシが出てきたりといった効果が見られるようになるのです。

プロペシアの入手方法は、前述したとおり病院で処方されたものを受け取るか、または個人輸入で入手するかの二択です。市販薬のように、ドラッグストアや薬局で購入することはできません。また、プロペシアはジェネリック医薬品も開発されているため、できるだけ費用を抑えたい方はジェネリック医薬品を入手するのもひとつの手です。

ミノキシジルとは

プロペシアと並んで、AGAの治療薬として知られているミノキシジルは、血管拡張剤のひとつです。血管拡張剤なだけに、本来は高血圧の治療薬として用いられていたものですが、臨床試験にて頭皮に対する外用薬としての効果が認められ、AGAに対する効果があるということが分かりました。拡張剤には様々な種類がありますが、中でもAGAに効果があると分かっている拡張剤は、今のところミノキシジルのみです。

ミノキシジルの具体的な効果は、毛母細胞に直接影響を与えて、髪の毛の成長を促すというもの。ちなみに毛母細胞とは、毛乳頭と呼ばれる組織から酸素や栄養分を受けとる細胞のことです。栄養分を受け取った毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、髪の毛として成長します。ミノキシジルはその毛母細胞を刺激する薬なので、今ある髪の毛の質を強くするといった効果が強いプロペシアとは微妙に毛色が異なる薬といえます。

薬での治療法の留意点

プロペシアやミノキシジルはAGAの治療薬として重宝されており、実際に服用している方も多いのではないでしょうか。しかし、これらの薬を使う際に知っておくべき留意点がいくつかあります。正しい効果を出すため、健康的な体で使用するためにも、医師の指示や適切な服用量は守ることが大切です。

まず、プロペシアはまれに勃起不全、性欲減退といった副作用が現れることがあります。もしこのような副作用が現れた場合はすぐに医師に相談しましょう。また、プロペシアは成人男性のみが服用できる薬です。女性、特に男の子を妊娠中の方が服用したり錠剤に触ったりすると、薬の有効成分が胎児の性器に悪影響を及ぼす恐れがあります。

ミノキシジルは、人によって頭皮の痒み、全身の倦怠感、むくみなどを引き起こす可能性があります。また、全身の毛が濃くなる多毛症や、血管の拡張が原因で皮脂の分泌量が多くなり、肌荒れなどの症状が出るケースもあります。このような副作用が現れる可能性は、確率として決して高くはありませんが、注意することが大事です。