薄毛は遺伝する? | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

薄毛は遺伝する?

ドライヤー

一般的に抜け毛や薄毛の原因は、遺伝によって引き起こされる可能性が高いとされています。しかし、実際の所、遺伝と抜け毛の関係について詳しく調べた方はあまり多くないでしょう。
そのため「薄毛や抜け毛は遺伝だから仕方がない」と諦めている方もいるのではないでしょうか?
遺伝と薄毛は確かに、関係していますが、早めのケアを行うことで薄毛や抜け毛を抑えることができます。今回は、遺伝と抜け毛や薄毛がどの程度関係しているのか、またその対策について詳しくご紹介させていただきます。

感受性の高さとは

遺伝とAGAの関係性について話をするときに、避けることができないのが「感受性」です。感受性とはなんなのか、詳しくご紹介させていただきます。
薄毛や抜け毛などのAGAの症状は、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」と「アンドロレセプター」によって引き起こされるとされています。

ジヒドロテストステロンとは酵素の一種である「5αリダクターゼ」と男性ホルモン「テストステロン」が結びつくことによって、生み出されます。
ジヒドロテストステロンは、強力な脱毛作用を持っていますが、単体では、脱毛作用を発揮しません。
このホルモンが脱毛作用を発揮するには、アンドロレセプターに感知されなければなりません。
アンドロレセプターの感受性が高ければ高いほどに、ジヒドロテストステロンの効果が高まり、AGAが進行してしまうのです。
アンドロレセプターの感受性の高さは、遺伝によって決定されており、この性質を受け継ぐとAGAが発生しやすくなります。

母方の祖父から孫へ

祖父がAGAの場合は、自分もAGAにかかるという話がありますが、それはある意味真実です。なぜならアンドロレセプターの感受性の高さは、隔世遺伝によって決定されるからです。

隔世遺伝とは、「先祖返り」とも呼ばれていて、父親や母親ではなく1世代あるいは数世代前の性質が、遺伝することを指します。
アンドロレセプターの感受性は、母方の祖父から隔世遺伝によって譲り受けるもので、母方の祖父がAGAの場合、同じ性質が自分にも受け継がれている可能性が高いといえます。そのため、AGAと遺伝は、密接に関係しているのです。

遺伝するのは、体質だけ

薄毛は、遺伝によって確実に受け継がれます。しかし、隔世遺伝によって受け継がれるのはアンドロレセプターの感受性のように「薄毛になりやすい体質」です。遺伝によって、薄毛や抜け毛などのAGAが確実に発症すると決まった訳ではありません。

むしろ、遺伝によって薄毛や抜け毛になりやすい体質が受け継がれていることが早い段階でわかれば、発症する前に適切な対策を取ることができます。遺伝による薄毛の可能性は、25%と全体の4分の1にしか過ぎません。
薄毛やAGAになりやすいという要素は、遺伝によって受け継がれますが、遺伝が薄毛のすべてを決定している訳ではないのです。

遺伝以外の原因

抜け毛や薄毛などのAGAが進行する原因は、遺伝以外に食習慣や生活習慣、頭皮環境などが関係しているとされています。
遺伝以外の部分で適切なケアを行えれば、遺伝によって発生する薄毛や抜け毛を抑制することができるのです。
頭皮環境を整える上で大切なのは、髪の毛を生み出す「毛母細胞に十分に栄養が行き渡るようにする」ことです。食習慣や生活習慣改善によって、毛母細胞に栄養行き渡らせることができます。

また、喫煙や睡眠不足、過度のストレスなども血行低下や栄養不足の原因となり、薄毛や抜け毛を誘発させてしまいます。
その他、シャンプーや育毛剤の使用などの頭皮ケアを間違った方法で行うと、頭皮を痛めて薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。
このように、AGAの原因は、遺伝以外にも様々です。AGAの治療として、遺伝は変えるのが簡単ではありません。だからこそ、食習慣や生活習慣、頭皮の適切なケアを行って、薄毛や抜け毛の予防を行いましょう。

早期対策、日常のケア

遺伝は薄毛や抜け毛の原因の1つです、しかしそれがすべてではありません。早期のAGA対策を行えば遺伝によるAGAの進行を遅らせることができるのです。
AGAの症状が発症する前の段階で、ケアを始めればより確実に進行を止めることができて、同時に育毛効果を得ることができます。
また、症状が現れても初期段階であれば、生活改善や頭皮ケアは有効です。すぐに効果が出なくても、継続させることで効果を発揮します。しばらくは、辛抱強く行いましょう。