頭皮ケア

頭皮ケア

薄毛を気にする人にとって、どのようにして育毛を促進するかは重要な課題です。
生活習慣の改善や頭皮ケア、育毛剤の使用など、育毛促進にはいくつかの方法があります。これらの方法は日常に取り入れることで徐々に効果を発揮していくものであるため、欠かさないようにしなければいけません。
しかし、これらの方法をただただ試すだけでも効果はあるかもしれませんが、高い効果を得るためにはより効率的なケアを行う必要があります。
そこで今回は、薄毛や抜け毛の原因として大きな影響を与えている、頭皮へのダメージをについて考えてみましょう。

頭皮ダメージの原因

頭皮にダメージを与える原因としては、以下のようなものが考えられます。

過度なシャンプー

定期的にシャンプーを行うことは、髪の汚れやべたつきを落とすのはもちろんのこと、頭皮の汚れや毛穴をきれいにするのにも効果的です。洗わない髪は衛生面からもみてもよくないため、シャンプーはなくてはならないものといえます。
しかし、シャンプーは必要なものとはいえ、必要以上に行うと逆に髪や頭皮にダメージを与えてしまうことになります。
シャンプーには、髪や頭皮の油脂を取り除くという効果があります。油脂が溜まると毛穴に詰まったりするため取り除くこと自体は問題ないのですが、取り過ぎると今度は頭皮が乾燥してしまいます。
乾燥した頭皮は突っ張り、硬くなり、抜け毛や薄毛に大きな影響を与えます。そのため、シャンプーのやりすぎはよくないのです。

紫外線のダメージ

日中、特に晴れの日は、外を出歩くと強い日差しを浴びることになります。紫外線をたくさん浴びると日焼けやシミ、あるいは皮膚がんの原因になったりもするので、夏場は日焼け止めを塗ったりして肌を保護することも多いでしょう。
この紫外線の影響は、もちろん頭皮にも及びます。手や足は日焼け止めを塗ることで保護できますが、頭皮には日焼け止めを塗ることができないため、帽子などを活用してできるだけ頭皮に直射日光が当たらないようにしましょう。

頭皮ダメージのチェック

頭皮のケアを行うためには、まずは頭皮の状態をよく知る必要があります。
頭皮のダメージをチェックする方法は、大きく分けて2種類あります。

育毛・発毛関連機関を利用する

全国には、育毛や発毛に関連した施設や企業が数多く存在しています。そういった施設や企業では、育毛や発毛に関する相談やカウンセリングなどを受け付けていることも多いです。そのなかには、頭皮のチェックも含まれています。
こういった施設・企業で頭皮チェックを依頼すると、専用の機械で頭皮の状態を詳しく調べてもらえます。そのまま育毛・発毛を依頼することもできます。

セルフチェック

頭皮の状態をチェックするには、前述のように育毛・発毛関係の施設や企業に依頼をするのが最も確実です。
しかし、そういった機関の利用は薄毛や抜け毛が気になってからであり、早期に対処するにはセルフチェックを行うのがいいでしょう。
頭皮のセルフチェックを行う場合、まずは鏡で頭皮の色を確認しましょう。健康な頭皮の色は、白に近いです。
逆に注意が必要なのは、頭皮が赤くなっている場合です。この赤も、濁った色になるほど健康状態が悪いという証拠です。
薄いピンク色であればまだ危険というほどでもありませんが、赤茶けていた場合は早急に対処する必要があります。
次に、頭皮の硬さを確認しましょう。健康な頭皮であれば、指で前後に動かせるくらいに柔らかいです。触っても弾力があります。
健康状態の悪い頭皮は、指で触っても動かないくらいに硬く、また弾力もありません。

頭皮ケアの方法

頭皮をケアするには、頭皮マッサージが最も簡単な方法です。
頭皮が硬くなると血行が悪くなり、頭皮全体に栄養が行き渡らないようになります。通常のマッサージも血行を良くするために行われますが、これは頭皮にも効果があるのです。
日常的に頭皮マッサージを行うことで、健康な頭皮を維持することができます。
マッサージを行うときは、爪を立てずに優しく刺激するようにしましょう。爪を立てると頭皮に傷がついてしまいます。
また、頭皮のケアを考えるならば、シャワーをする時間にも気を配りましょう。
朝にシャワーをする人も多いですが、朝は毛穴が開いているので、逆に毛穴にシャンプーや汚れが詰まってしまうことも考えられます。
シャワーをするなら、夜寝る前にするようにしましょう。