薄毛にならないための髪の乾かし方 | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

薄毛にならないための髪の乾かし方

ドライヤー

薄毛や抜け毛への対策では、日常的に注意しておかなければいけないこともあります。
例えば入浴。入浴の際にはシャンプーをすると思いますが、このシャンプーの方法ひとつとっても、薄毛や抜け毛に効果的な方法というものがあります。

しかし、適切なシャンプー方法をしたからといって、まだ気を抜いてはいけません。お風呂から上がったあとにも、気をつけなければいけないポイントがあります。
それが、髪の乾かし方です。
入浴後はタオルで水気を拭き取ったり、ドライヤーで乾かしたりします。そのときの髪の乾かし方によっても、薄毛や抜け毛に影響を与えます。
薄毛や抜け毛にいい影響を及ぼす髪の乾かし方とは、どういうものなのでしょうか。

生乾きのデメリット

適切な髪の乾かし方をご紹介する前に、まずは生乾きの髪が与えるデメリットについてみていきます。

髪が生乾きの場合に生じるデメリットとしては、傷みやすいということがあげられます。
通常、髪はキューティクルが閉まっていて、栄養分を外に逃さないようにしています。しかし、髪が濡れるとこのキューティクルが開いてしまいます。
本来、キューティクルが開くとトリートメントやコンディショナーが浸透しやすくなるため、髪のコンディションを回復させるためには必要なことだといえます。しかし、これはあくまでも浸透させるときだけの話。入浴後は逆に、キューティクルを閉じて成分が逃げないようにしなければいけません。
生乾きの状態ではキューティクルが上手く閉じず、髪にとって大切な成分が外に逃げ出してしまいます。これを防ぐためにも、髪はしっかりと乾かさなければいけません。

もうひとつ、雑菌が繁殖しやすいということも考えられます。
頭皮で雑菌が繁殖すると、痒みやフケが発生します。これは抜け毛の原因ともなるので、髪は清潔にしておかなければいけません。雑菌が繁殖すれば薄毛や抜け毛といったものだけでなく、様々な病気の原因にもなってしまいます。

こういったことから、髪を自然乾燥にまかせて生乾きのまま放置するのではなく、きちんと乾燥させることが大切になります。

基本はタオルドライ

髪を乾かす場合、基本的にはタオルを使って乾かします。最終的にドライヤーを使うとしても、まずは念入りなタオルドライをする必要があります。
髪が生乾きだとキューティクルが開いているため、髪の内部にドライヤーの温風が入り込むことになります。これを長時間続けていると髪に多大なダメージを与えてしまいます。
これを防ぐためにも、ドライヤーの前にはきちんとタオルドライで水分を拭き取らなければいけません。

タオルドライをするときは、まずは頭皮から拭くようにします。マッサージをするように、指の腹でやさしく揉むようにして拭き取ります。このとき、力を入れすぎたり爪を立てたりしないようにしましょう。

頭皮の次は、毛先から拭いていきます。男性は髪が短い場合が多いのでそこまで気にする必要がありませんが、女性の場合は必ず毛先から乾かすようにしましょう。このとき、タオルで髪を挟んで水分を吸い取るようなイメージが大切です。水分を搾り取るように強く拭くと、キューティクルが傷ついてしまいます。

ドライヤーの当て方

しっかりとタオルドライをしたあとは、ドライヤーを使って乾かしていきます。生乾きのままで放置しないためにも、ドライヤーは必ず使うようにしましょう。

ドライヤーを当てるときも、タオルドライと同じく頭皮から当てていきます。頭皮での雑菌の繁殖を抑えるためにも大切なことです。

次に、根本と毛先の中間辺りの髪を乾かします。このときも、頭皮を乾かすということは常に意識するようにしましょう。

次は毛先を乾かすのですが、その前に頭皮から髪の中間にかけて冷風を当てます。冷風を当てるとキューティクルが引き締まります。
そして最後に、毛先を乾かします。ここでは、熱風を当てすぎないようにしましょう。

髪の上部から毛先にかけてドライヤーを当てていくのは、キューティクルの並び方が関係しています。
キューティクルは髪の根元から毛先に向かって並んでいるので、毛先から根本に向かうとその並びに逆らうことになります。これでは、キューティクルにダメージを与えてしまいます。そのため、根本から毛先にかけてドライヤーをかけるのです。

髪がきちんと乾いていると、育毛剤がより浸透しやすくなります。塗るタイプの育毛剤を使っている人は、特に気をつけて乾かしましょう。