紫外線による毛髪への影響 | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

紫外線による毛髪への影響

紫外線とは

私たちは毎日、太陽の光を浴びて生活しています。 太陽から浴びる光の中には、目には見えない有害な物質が存在しているのをご存知ですか? それは、紫外線です。 紫外線には、以下の3つの種類があります。

  • UV-A…太陽から届く紫外線の95%以上を占めています。長時間に渡ってこの光線を浴びると、健康に悪影響が及びます。
  • UV-B…ほとんどが地球を囲む大気層で吸収されますが、一部は地表へと到達します。そして、身体に悪影響を及ぼします。
  • UV-C…オゾン層などの大気圏で全て吸収されるため、地表に到達することはありません。

この3つの紫外線のうち、注意したいのがUV-AとUV-Bです。この2つは日焼けや皮膚がんなどの疾患を引き起こしたり、シミやそばかす、しわなどを作りだし、容姿の美しさを損なわせることになります。

また、UV-AとUV-Bは薄毛を引き起こす原因物質のひとつでもあります。

紫外線と薄毛の関係

毛髪が紫外線を浴びると、表面が乾燥し、強度の低下や色素・光沢の消失などが起こります。 紫外線は毛髪を構成しているアミノ酸を酸化させ、ケラチンたんぱく質にダメージを与えます。 そのため、紫外線を浴びた毛髪は弱ってしまい、正常通りに成長することができなくなってしまいます。 また、一本一本が弱ってしまうため、非常に抜けやすくな

ってしまいます。 結果、脱毛や薄毛が引き起こされることになります。

紫外線による頭皮のダメージ

私たちの皮膚は、紫外線を浴びると日焼けやシミ、シワになります。 日焼けやシミ、シワが起こるのは、身体が紫外線のダメージを防ごうとしてメラニン物質を放出するためです。 皮膚には紫外線に対するバリア機能がありますが、太陽が大量の紫外線を放射すると、皮膚のバリア機能が追い付かない状態になります。 その結果、皮膚が炎症を起こし、やけどや皮膚炎という疾患が引き起こされます。

ここで忘れてはならないのが、頭皮もほかの皮膚と同様であるという点です。 さらに、頭皮は身体の頂点に存在することから最も紫外線のダメージを受けやすい場所であるという点です。 他の皮膚よりも紫外線のダメージを受けやすい頭皮。 そのため、紫外線からしっかりガードしなければやけどや炎症が起こりかねません。 やけどや炎症が起これば、育毛剤を使用することも困難となります。

なお、紫外線のダメージを受けることで頭皮の皮膚細胞は壊れてしまいます。 その結果、毛根にもダメージが及び、育毛が妨げられることになります。 このほか、紫外線は頭皮のバリアである皮脂を酸化させ、毛穴を詰まらせます。 毛穴が詰まれば毛髪が正常に成長することができなくなり、効果的な育毛が望めません。

紫外線は一年中存在します。 紫外線量の増える春や夏はもちろんのこと、秋や冬も油断は大敵です。 外出の際は帽子をかぶるなどして、頭皮を紫外線から守るようにしましょう。