育毛剤と養毛剤の違い | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

育毛剤と養毛剤の違い

養毛剤と育毛剤

養毛剤と育毛剤を一緒のものと考えている方は、意外に多いようです。 たしかに、この二つはどちらも毛髪の成長を促してくれるものです。 しかし、この二つには決定的な違いがあります。 それは、成分です。

養毛剤と育毛剤の成分

育毛剤は、医薬品や医薬部外品に分類されます。医薬品は、厚生労働省や地方自治体によって身体における治療や改善の効果が立証されているものです。医薬部外品は医薬品ほどの効果は認められてはいませんが、身体において改善効果が期待できる成分が配合されているものを指します。 これに対して養毛剤は、化粧品に分類されます。なお、養毛剤は薬効が認められていません。 養毛剤が化粧品に分類されるのには理由があります。養毛剤には、薬効的な成分が含まれていないのです。 医薬品・医薬部外品である育毛剤には、血行促進、男性ホルモンの抑制、皮脂分泌の抑制、栄養補給といった薬効のある成分が含まれています。 また、中には副作用が起こるものもあります。 一方で養毛剤には、このような薬効成分が含まれていません。 そのため化粧品として分類されており、育毛剤ほど高い育毛効果を期待するのは難しいとされています。

養毛剤の効果とは?

養毛剤では抜けた毛を0から生やすことはできませが、髪の毛の成長サイクルを整えたり、髪の毛の成長を正常な状態に戻す効果が期待できます。 育毛剤ほどの効果は望めませんが、それでも薄毛のケアを期待することが可能です。

養毛剤の種類

養毛剤には、様々な種類の商品があります。 中でも、みかんの皮などの柑橘系の成分を使った天然由来の商品が多くあります。 天然由来の養毛剤は毛髪の保湿効果を高め、毛髪や頭皮の環境を整えてくれます。 育毛剤と違って香りがさわやかなものが多いのも特徴です。

養毛剤を使うタイミング

養毛剤を使うタイミングとしては、薄毛が気になりだした頃がベストです。 養毛剤では育毛を促すことはできませんが、薄毛を遅らせることは可能です。 毛髪が生えてから抜けるまでの期間を1年から1年半まで遅らせたりすることもできるので、育毛ケアをしながら薄毛を回避したいという方におすすめです。 また、養毛剤を使うと頭皮環境が整うため、綺麗な毛髪が生えてきやすくなるといわれています。 薄毛対策、育毛ケアの準備として、養毛剤をひとつ持っておくのも良いかもしれません。 なお、使用の際には必ずパッチテストを行い、自分の体質に合うものかどうかをチェックを行うことが大切です。