育毛剤の選び方 | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

育毛剤の選び方

育毛剤の選び方

AGAの改善方法として、普段からのシャンプーによる髪の毛のお手入れや、育毛薬の服用のほか、育毛剤を使うという手段も一般的です。しかし、ひとくちに育毛剤といっても、効果や効能、特徴は種類ごとに微妙に異なります。ここでは、そんな育毛剤の選び方について解説していきます。

頭皮の状態を改善する育毛剤

育毛剤を選ぶとき、価格や知名度で何となく選んでいるという方は多いのではないでしょうか。もちろんそれらの要素も大事ですが、高い育毛剤を買っても自分の体質に合わなければ効果は出ません。そのため大事なのは、自分の薄毛がどのタイプなのかを知り、それに合った育毛剤を選ぶことです。

まず、自分の頭皮の状態を知りましょう。皮脂が過剰に分泌されてベタついているタイプなのか、もしくは乾燥してかゆみがひどく、フケが出やすいタイプなのかというように確認してみると、状態に合わせた育毛剤が選びやすくなります。前者のベタついている頭皮なら、皮脂の分泌を抑えて頭皮をさっぱりできるタイプの育毛剤が適しています。後者の乾燥してフケやかゆみが出ている頭皮なら、保湿効果が期待できるしっとりタイプの育毛剤が向いています。また、頭皮の状態がそこまで悪くないという方は、血行を促進するタイプや男性ホルモンの活動を抑えるタイプの育毛剤も視野に入れ、選ぶ必要があります。

男性ホルモンの分泌を抑える育毛剤

AGAが起こる主な原因物質は、男性ホルモンの一種である「DHT」だといわれています。このDHTは「5αリダクターゼ」という酵素により変異した男性ホルモンで、増加すると髪の毛の成長が止まったり、髪質自体が弱く抜けやすくなったりします。ですから、髪の毛が細くなって頭皮が目立つようになったとき、抜け毛の数が多くなったときは、DHTの過剰分泌を疑ってみるのが得策です。

男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤は、このDHTを生成するのに必要不可欠な「5αリダクターゼ」の分泌を抑え、結果的にAGAの原因である男性ホルモン、DHTの分泌を抑制する働きがあります。

血行を促進する育毛剤

脳や体のどの部位にも栄養が必要なように、頭皮や毛根にも栄養が必要です。そして、その栄養を運ぶのは血流であり、血流が弱かったり正常でなかったりすれば、頭皮や毛根に十分な栄養が行き届かなくなり、抜け毛が多く弱い髪質になってしまいます。このことから、AGAの原因は頭皮や髪の毛の栄養不足ということも考えられます。

そこで、血行を促進するタイプの育毛剤を使えば、運動不足や睡眠不足、日々の食生活などが原因で乱れた血流を正常にし、必要な栄養が頭皮や毛根に行き届くよう作用してくれます。したがって、普段の食事生活や睡眠、運動など、「生活習慣に不安がある方」や「頭皮が硬いと感じる方」、「血行不良の傾向がある方」は、このタイプの育毛剤が向いています。

毛母細胞を刺激する育毛剤

発毛のメカニズムは、毛母細胞と呼ばれる細胞が鍵を握っています。毛母細胞は毛乳頭という組織から栄養を補給し、それによって細胞分裂を起こして毛髪を作ります。そのため、毛母細胞の細胞分裂が正常に起こらないと、髪の毛の成長が遅くなったり、または成長が止まってしまうというトラブルが起こります。また、抜け毛の跡からなかなか新しい髪の毛が生えてこないという問題も発生します。

毛母細胞を刺激するタイプの育毛剤は、肝心の毛母細胞に直接刺激を与えて細胞分裂を活発にし、発毛を促す働きがあります。それを踏まえると、髪の毛の伸びるペースが遅くなったと感じる方、新しい髪の毛がなかなか生えてこないという方は、このタイプの育毛剤が適しているでしょう。

一口にAGAといっても、その原因は体質やホルモンバランスなど様々なものが考えられます。また、それと同様に育毛剤の種類も、原因別・体質別によって様々なタイプが選べるようになっています。自身のAGAの原因を見極め、原因にあった育毛剤を選ぶことが大事です。