育毛剤とホルモンの関係 | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

育毛剤とホルモンの関係

育毛剤とホルモンの関係

男性の薄毛の原因は、男性ホルモンが大きく関係していると考えられています。そして、男性ホルモンの中でも薄毛と深い関係があるものが「テストステロン」です。一方、女性の薄毛は、「エストロゲン」という女性ホルモンが深く関係しているといわれています。そこで、男性ホルモンと女性ホルモンそれぞれが、薄毛とどのように関係しているのかを解説します。育毛剤を使用し髪の毛を育てようとしている方は、ホルモンの関係についても理解しておきましょう。

男性ホルモンが薄毛に関係する理由

男性ホルモンである「テストステロン」は、筋肉量を増加させる、皮脂の分泌を活発にする、体毛を育てるなど様々な役割を担っています。これは男性ホルモンの中でも、分泌が最も多いといわれるものです。
そんなテストステロンが、頭皮の毛根辺りから分泌される「5αリダクターゼ」という物質と結び付くことで、薄毛の原因のひとつである脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン」が生成されます。この脱毛ホルモンの影響によりヘアサイクルに乱れが生じ、髪の毛の成長がストップしてしまうのです。

女性ホルモンが薄毛に関係する理由

薄毛を治すには、ホルモンバランスを正常に整えることが非常に重要です。これが正常であれば、毛髪トラブルに頭を悩ませるリスクはぐんと低下します。すなわち、女性の薄毛は、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が減少したことが原因とされているのです。「エストロゲン」の分泌量が減少する原因としては、加齢や出産、ストレスなどが挙げられます。

育毛剤とホルモンの関係は

男性の薄毛を食い止めるためには、ジヒドロテストステロンの生成を抑える必要があります。育毛剤の中には、これを効果的に抑えるタイプのものも販売されています。頭皮の毛根辺りから分泌される「5αリダクターゼ」を抑制する作用があるので、ジヒドロテストステロンが生成されるのを防ぎ、結果として薄毛を防ぎます。

このタイプの育毛剤には、主に「フィナステリド」という成分が含まれています。「プロペシア」という成分を耳にしたことがある方も多いかもしれませんが、フィナステリドはプロペシアとよく似た成分です。頭皮に利用すれば効果的にジヒドロテストステロンを抑制できるため、フィナステリドはAGAの治療にとても有効です。

一方、女性向けの育毛剤には女性ホルモンの働きを助けてくれる「大豆イソフラボン」や「ヒオウギエキス」などの成分が含まれているものが多くあります。大豆イソフラボンは、丈夫でツヤのある髪の毛を育成する効果を持っています。また、ヒオウギエキスは「イソフラボン誘導体」という成分を多く含んでおり、「5αリダクターゼ」の活性化を低下させることができます。これにより、薄毛予防だけでなく育毛作用も期待できます。

育毛剤にホルモンは配合されていない

男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」が増加するほど、薄毛を発症しやすくなります。対して、髪の毛のハリやコシを強くし、健康的な髪の毛を育ててくれるのは、女性ホルモンである「エストロゲン」です。以上から、髪の毛とホルモンには深い関わりがあることが分かります。

そうなると、「女性ホルモンを増やせばよいのではないか」と考える方もいるかもしれません。しかし、ホルモンを直接投与している育毛剤は存在しません。なぜなら、育毛剤の中に女性ホルモン配合し、それを使用することで、体のホルモンバランスに乱れが生じてしまうからです。また、男性の体内で女性ホルモンの量が増加すると、女性らしい体付きに変化してしまう可能性もあります。
そういった危険性があることから、育毛剤にはホルモンを直接投与することができません。

育毛剤使用の際に注意すること

育毛剤を使用する際、男性の場合は男性専用の育毛剤を、女性の場合は女性専用の育毛剤を選ぶ必要があります。なぜなら、専用と記載されているものには、それぞれの性別に合った成分が豊富に配合されているからです。
例えば、男性専用の育毛剤は、男性ホルモンを抑制する働きを持っています。これを女性が使用してしまうと、ホルモンバランスが乱れ、体のトラブルに繋がる恐れがあります。そして前述したように、女性専用の育毛剤を男性が使用することで、体に変化が生じてしまう恐れがあります。また、飲むタイプの育毛剤は、厚生労働省より女性の服用は許可されていません。

以上のことから、育毛剤を使用する際は、効果を最大限発揮させるためにも自分の性別に適したものを使用することが大切です。