育毛剤が効かない理由 | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

育毛剤が効かない理由

育毛剤が効かない理由

せっかく育毛剤を揃えても、思ったより効果が出なかった、または効果を今ひとつ実感できなかったという方も多いのではないでしょうか。そんな方は、育毛剤の使い方や自身の体質などを見直してみることが大事です。

使用方法を見直す

育毛剤はただ頭皮に塗布して使えばよいというものではありません。きちんとした使い方と使うタイミングを知っておかないと、育毛剤本来の効果は期待できません。また、育毛剤をつけた後に頭皮をマッサージすると、より育毛効果が期待できますが、そのマッサージもやり方を間違えると頭皮にダメージを与え、効果を半減させてしまう可能性があります。

育毛剤を使うタイミングは、頭皮が清潔な状態にされているとき、血行が良くなっているときがベストです。その点を考慮すると育毛剤を使うタイミングは、シャンプーで頭皮が綺麗になり、全身の血行も良くなっているお風呂上がりが最も適しています。ただし、育毛剤の成分をしっかり頭皮に浸透させるためにも、濡れたままの髪や頭皮は避けましょう。頭皮を乾燥させすぎない程度に乾かし、そのあと育毛剤を使用するのがベストです。なお、育毛剤をつけたあとのマッサージは、育毛剤を頭皮に優しく揉み込むように行うのがポイント。力を込めすぎたり、爪を立てたりすると頭皮や毛根にダメージを与えてしまうため、力を入れ過ぎないようにしましょう。

栄養の不足を見直す

育毛に欠かせないのが、ビタミン類やケラチン、亜鉛などの様々な栄養分です。せっかく良い育毛剤を使っていても、基礎的な栄養分が足りていなければ育毛剤本来の効果は期待できません。さらに、髪の毛に栄養が回ってくるのは体の部位の中でも最後のほうになるといわれているため、栄養不足の影響が如実に現れます。以上のことから、育毛剤の効果を後押しするためにも、まずは育毛に必要な栄養分を普段から摂るよう意識することが大事です。

特にタンパク質は、髪の毛の99%を構成しているといわれるほど大事な栄養分です。しかし、無理なダイエットをしていたり、元々小食であったり、肉や魚をあまり摂らないという方は、タンパク質が不足しやすい傾向にあります。そうなると髪の毛が細くなる、肌の状態が悪くなるなどといった症状が出てくるため、注意が必要です。ちなみに、1日に必要なタンパク質の目安摂取量は、体重1kgに対し1gという基準があります。そのため、体重が60kgであれば1日に最低でも60gものタンパク質が必要であるという計算になります。このタンパク質の補給を中心に、亜鉛やビタミンB群といった栄養分を補給するように心がけ、育毛剤の効果を高めていきましょう。

頭皮の環境を見直す

育毛剤の効果をしっかり行き届かせたいのであれば、頭皮環境のチェックを行うことも大事です。頭皮が荒れているということは、毛根にも何かしらの悪影響が及んでいると考えてもおかしくありません。そうなると髪の毛の成長が止まる、なかなか伸びないといった症状も見られるようになります。そうならないためにも、頭皮の状態はいつでも清潔に保つよう心がけましょう。加えて頭皮は、乾燥していてもベタついていても何らかの炎症やトラブルが起こります。ひどく乾燥しているとフケが出て、そのフケによって毛穴を塞いでしまうというトラブルが起こります。また、皮脂の過剰分泌が起こると汚れが溜まりやすくなり、フケと同じく毛穴を塞いでしまい発毛の妨げになります。

これらのことから頭皮に炎症が起こっている場合は、まず頭皮の状態を回復させることを優先しましょう。そのままの状態で育毛剤を使っても、効果がないばかりか頭皮の状態がさらに悪化してしまい、思わぬ炎症を引き起こしてしまう可能性があります。

育毛剤が効かない理由には、前述したように様々な要素が考えられます。もし使用している育毛剤の効果が今ひとつ実感できないのであれば、まずはこれらの要素をチェックしていき、原因を追究することが大事です。