医薬部外品の育毛剤とは | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

医薬部外品の育毛剤とは

医薬部外品の育毛剤と医薬品の育毛剤

一口に育毛剤といっても、細かくみると医薬部外品と医薬品の2種類に分かれています。 医薬部外品とは、効果は医薬品よりも劣るものの、人体に対して改善が見込めるとされている商品のことです。効果はそれほど強くなく、一日の使用量にも明確な規定はありません。 これに対して医薬品とは、医師によって管理されている薬のことで、臨床試験によって身体の治療や改善効果があるとされている商品のことです。配合成分、分量、一日の使用量が決められています。 厚生労働省や地方自治体によって安全性や副作用が確認されています。 このように、医薬部外品と医薬品には大きな違いがあります。 よって、医薬部外品の育毛剤と医薬品の育毛剤にも大きな違いがみらます。医薬部外品の育毛剤がスーパーやコンビニで購入できるのに対し、医薬品の育毛剤は処方箋のもとで病院や薬局でしか購入することができません。

医薬部外品は効果がない!?

育毛剤におけるほとんどの商品は、医薬部外品です。 とはいえ、前項の説明を読んだ方は、こう思われるのではないでしょうか? 「医薬部外品じゃ、そんなに高い効果は期待できないんじゃ…!?」 そんなことはありません。 医薬部外品のものは、厚生労働省や医師に認められた医薬品のものよりも効果は劣りますが、身体への改善効果が保障された上で医薬部外品として販売されているものです。 育毛を促進する有効成分が配合されているため、用法を守って使用することで育毛効果を実感することが可能です。

医薬部外品を選ぶ際には成分表に注目

医薬部外品の育毛剤の中には、間接的に育毛を促進したり、抜け毛を予防するだけの効果しか謳うことのできない商品もあります。 これは、厚生労働省や地方自治体の認可を受けることなく販売されている医薬部外品の育毛剤であるため、具体的な効果を表示することができないことが理由となっています。 なお、医薬部外品の育毛剤は商品によって効果に大きな差があります。 どれを使っても同じように効果的に育毛を促進できるというわけではありません。 安全性・効力に優れた医薬部外品の育毛剤を使用するためには、まずは自分の薄毛の原因とマッチした種類の育毛剤を選ぶことが重要です。 どんな効果が期待できる育毛剤なのか、商品の効力に関する詳細を確認しましょう。 また、育毛剤の成分表を確認することも重要です。 何が主成分となっているのか、効果が不明な成分が含まれていないか、副作用の危険性がないかなどを前もって確認するようにしましょう。