効果的な育毛剤の使い方 | いい育毛剤ランキング

いい育毛剤ランキング

効果的な育毛剤の使い方

使い方

育毛剤を効果的に使うことで、抜け毛や薄毛、AGAの症状などを軽減させることができます。但し、育毛剤の効果を最大化させるには、正しい使い方を覚える必要があります。

ここでは育毛剤を使うタイミングや使用上の注意点などについて、詳しくご紹介させていただきます。

使用のタイミング

育毛剤を使うときに気をつけるべきなのは、育毛剤を使うタイミングです。朝、昼、夜など、使うタイミング1つで育毛剤の効果は大きく変わります。
「育毛剤を使っているけど、全然効果がでない」という方、もしかすると使う時間帯を間違えているのかもしれません。
せっかく買った育毛剤を無駄にしないためにも、まずは育毛剤を使うタイミングについて、ご紹介します。

朝の使用

育毛剤を使用する上で大切なのは、成分の浸透がスムーズにいくかどうかという点です。
頭皮や毛穴に皮脂が詰まっていると、成分が上手く細胞に浸透していきません。そのため、育毛剤を使う時は、皮脂を綺麗に除去してから行う必要があるのです。
そういった意味で朝の時間は、一日の活動が始まったばかりなので、皮脂がそれほど溜まっていません。そのため、上手く成分を浸透させることができます。
しかし、朝のお風呂やシャワーは頭皮にあまりいい影響を与えないとされています。
朝の時間に、頭皮の皮脂をキレイに取り除くと、紫外線が直接当たることになり頭皮にダメージを与えてしまうことになります。
本来ならば、皮脂が綺麗に取り除かれて毛穴が開いているのは、育毛剤を塗るのに最適な状態ですが、朝の場合はそうともいえないのです。朝に育毛剤を塗るのは、決して間違いではありませんが、効果を最大化させることはできません。

夜の使用

上記でも書いた通り、育毛剤の効果を最大化させるのは、皮脂を綺麗に取り除き毛穴が広がったお風呂上がりです。皮脂を取り除き、毛穴を開くことで細胞に育毛成分を浸透させることができます。
朝のお風呂は頭皮にあまりいい影響を与えないので、夜にお風呂に入ってから育毛剤を使うのが最適だといえます。
また、髪の毛は午後22時から、午前2時の間に一番成長します。この時間に就寝することで、さらに育毛剤の効果を高めることができるので、この時間帯を狙って育毛剤を利用しましょう。
逆算すると20時頃にお風呂に入って、21時頃に育毛剤を塗り、21時半には就寝するのが最適です。

育毛剤の正しい使用手順

正しい順序で育毛剤を使うことによって、栄養成分を頭皮に染み込ませるだけでなく、毛母細胞まで栄養を届けることができるのです。
また、毛穴の深くまで浸透させることで、育毛効果を持続させることができます。そのため、できるだけ時間をかけて育毛剤を利用するようにしましょう。

(1)髪の毛をクシでといておく

まずは、シャンプーを行う前に髪の毛をクシでといておきましょう。
「髪の毛をクシでといておくことと、育毛剤はどう関係があるの?」という疑問を持つ方もいるかもしれませんが、髪の毛が絡まった状態でシャンプーを行うと、頭皮の隅々に溜まった汚れを綺麗に取り除くことができません。
クシで綺麗にといておくことで、頭皮の汚れを綺麗に取り除くことできるのです。

(2) 髪の毛を洗う

シャンプーの前に、お湯で1分ほど頭を洗います。1分間程度の水洗いで、8割の汚れを洗い流すことができます。
その後、シャンプーをしっかりと泡立ててから、頭を洗っていきます。シャンプーの時は決して爪を立てず、指の腹を使って優しく洗いましょう。
これで、頭皮の汚れをほとんど綺麗に洗い流すことができます。また、完全に泡がなくなるまでしっかりとすすぐのも大切です。

(3)育毛剤をつける

育毛剤には、髪の毛を完全に乾かしてから使用するものと、濡れている状態で使用するものの2種類があるので、使用前にしっかりと確認しましょう。育毛剤は、髪の毛ではなく頭皮につけることを意識して、じっくりとつけていきます。
成分をつけすぎると、毛穴の詰まりや汚れの原因となってしまうので、用法容量を守って利用しましょう。

(4)マッサージで浸透させる

頭皮に育毛剤をつけた後に、指の腹で優しく頭皮をマッサージしましょう。
シャンプー後の頭皮は非常にデリケートなので、力を加えすぎると傷つけてしまいます。優しく成分を馴染ませるイメージで行います。

育毛剤を選ぶときは、どうしても成分に関心が寄ってしまう傾向があります。しかし、どれだけ優れた成分でも、用法用量や使うタイミングを間違えると、効果が半減してしまいます。使用前には成分と同時に、正しい利用方法をしっかり確認するようにしましょう。